最近のトラックバック

« 朝日ソノラマ解散 | トップページ | 1行の力、再び。 »

2007年6月25日 (月)

『宇宙船』と『ファンコレ』

そもそも、このブログの存在については、ずいぶん前に知らされていたのだが、ふと、そのアドレスを改めて教えてもらおうと思い立ったのがなんと6月21日。明けて土曜日朝、新聞をまとめ読みしたところ、この記事にぶち当たった。虫の知らせに近いものを感じてしまう。

Uchusen_1 この写真は、おそらく僕が初めて手にした『宇宙船』と『ファンコレ』だと思う。 そして、それを購入したのは僕自身ではなく、上記ブログの主「まりりん」氏。幼少期の僕の母代わりのような存在で、僕が高校生の頃に、これらいくつかの雑誌を置いて去っていった。

その後、僕はある時期まで、自主的にバックナンバーや新刊をそろえていったのだが、奇しくもそれらはこの「まりりん」氏が置いていった書棚(たぶん氏が初任給かなんかで買ったもの)にいまだに収まっている(その間、何度も引っ越しているのに)。

これらの雑誌と出会わなければ、僕の人生はそうとう違うものになっていただろう。この研究室のプロフィールにある「キッズマーケティング」というアプローチも、それ以前に「好きなテーマを見つけてきて理屈をこねる・文章を書く」ことへの興味さえもった保証はない。

そうなれば、「道楽堂」もなかったし、「編集者」という生業にもありつかず、平凡ながらも健全な人生を送っていた可能性が高い...と言ってもいいよね? 答えは訊いてないけど。少なくとも、この「研究室」はなかったと断言できる。

さらに昨日、時間つぶしに久しぶりに立ち寄った地元の「リバティ」で『宇宙船』のバックナンバーを見つける。これも何かの縁なのかなと思い『100号記念号』ともう1冊をレジへ(ただし、帰宅後ぱらぱらと斜め読みしてみたが、ほとんど話題についていけなかった)。

ちなみに「勉強机」も同氏のお下がりで、いまだに現役。MacMiniオペレーションデスクとして活躍している(笑)。

« 朝日ソノラマ解散 | トップページ | 1行の力、再び。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

先週までたいていの書店の片隅に残っていたイヤーブックも、平積みされていたメビウスのファンコレも、いざ買おうと思ったら見当たらない。
みな考えることは同じなのか?

ども。ネタにされた人です。
机と本棚ね…
単に持ってけなかっただけだし。
本だって持って行きたかったんだよぅ。
宇宙船とウルトラセブンのファンコレは特に。
「あぶさん」と「ビックリハウス」は別にいいけど。

まぁ、今後ともよろしく。たまにコメントください。

>まりりん姉さん(<ミライくんみたい)

机と本棚は20年以上大切に使ってますよ。

宇宙船もセブンのファンコレもいつでも返します。
そちらにもう1セットあるものだと思ってただけで。

「あぶさん」は引き取っていただけると非常に助かりますが(笑)。

「ビックリハウス」はねぇ...。10年ほど前に、当時はまさか絶縁するとは思っていなかった奴に貸してしまったのです。
悔やんでも悔やみきれないのです。


ちなみに本日イヤーブックとティガ~ガイアのファンコレを入手。アキバ界隈ではメビウス本は二刷待ちらしいです。

>メビウスのファンコレ

本日、八重洲ブックセンターで最後の1冊をゲット。
とりあえず、そんだけ。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15492809

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214346/15558183

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙船』と『ファンコレ』:

» トラックバックのテスト [【道楽楼】みどりの部屋]
てすとしてみるのこころ [続きを読む]

« 朝日ソノラマ解散 | トップページ | 1行の力、再び。 »