最近のトラックバック

ファッション・アクセサリ

2013年5月11日 (土)

オトナなオトコのステイタスw(清水の舞台から飛び降りた話)

 
10数年ぶりに、カバンを買った。
 
ここ数年使っていたカバンは、もともとが元同僚からのお下がりで、その前に通勤に使っていたカバンが余りにもデカく重く、身体を壊してから体力の消耗を避けるため、「気に入ったものが見つかるまで」のつなぎのつもりが、幾年月、というものだった。
 
疾っく疾うに中がボロボロになって限界を超えていたのだが、外見はそれほど痛んでいなかったので、だましだまし使い続けていた。
 
なにぶん「気に入ったものが見つか」らなかったのである。
 
  
しかし、ついに「中仕切りの“具”の白いPC保護緩衝材」が頻繁に表に顔を出してくるようになり、さらには「外から見るとファスナーは3つあるけど、中はつながっているのん!(^-^)v」という状態になるに及び、1~2か月ほど前にお払い箱にした。
 
で、その後、やはり「気に入ったものが見つからない」ため、「デカくて重くて体力を消耗する」先代のものに戻していたのが、その重さに耐えかねて、ついに重い腰を上げた。
 
 
・・・「気に入ったものが見つからなかった」のではなく、そもそも本気で探していなかったのではないか?という疑念も生じるのだが、「本気で」なかったのは慥かだとしても、「ときどき気にはかけていた」ので「見つからなかった」というのも、けっしてウソではない。
 
 
で、この数週間、「ときどき」が「外出のついで」にレベルアップし、ついに昨晩、「ネットで2時間調べる」という段階に達し、今日、社外打合せのついでに店を覗いて30分ほど品定めし、帰宅時に同店を再訪し、改めて30分ほど検討して、最後は勢いでレジに持って行った。
 
昼間買わなかったのは、荷物が増えることを避けるため、というのが自分内の公式見解だが、決断できなかっただけだろ、というセルフツッコミも入る。・・・いや、むしろその日の内にレジに持って行けた自分に驚きを禁じ得ないかもしれないかもしれない。
 
 
で、カバンと言えば、大人の男にとって、一種のステイタスだったりする。・・・という、知識だけはある。
 
それだけ長い歳月をかけて納得のいくものを探し出し、レジに持っていくことさえ逡巡したとなれば、しかもこのような記事を長々と書くとなれば、どれだけ高価な逸品か、と思う人もいるかもしれない。・・・いや、そう思うのが正しい!
 
なぜならば、このカバンは、私にとっては、背伸びしてステイタスを演出するほどに、非常に高価な買い物だからである。
 
 
それでは、紹介しよう。
 
 
これだ!(↓)

続きを読む "オトナなオトコのステイタスw(清水の舞台から飛び降りた話)" »